退職祝いのマナーの基本とは?

退職

上司や先輩に退職祝いを贈る場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。

退職後、続けて別のところで働く、就業の終わりという場合でも、退職は新たな出発であり、人生の大きな節目のひとつです。
退職祝いの贈り方にはマナーがありますので、よく確認しましょう。

いつ贈ればいいの?

まず、贈答品を贈る時期です。
退職祝いは退職が決まったあとに1~2週間以内に贈るようにしましょう。
会社側が送別会を企画したり、祝い品を用意することも多いです。
特にお世話になった先輩・上司の場合は個人で贈り物をしてもいいでしょう。
もちろん職場の仲間と一緒に用意しても大丈夫です。

どんなものを渡すか考えよう

プレゼントの内容ですが、寿退社や転職退社、定年退職など退職のシチュエーションは様々です。
いずれの場合も、今後の生活に役立つ品物をプレゼントすると喜ばれます。(お世話になった方へのプレゼントの相場)

またメッセージなどを添えると、より気持ちが伝わるでしょう。

上司や先輩へおすすめの退職祝い 女性への退職祝い 男性への退職祝い

注意すること

基本として、目上の人に現金を贈呈することは失礼に当たります。
最近は金封をプレゼントすることもありますが、一緒に小さなギフト品を用意したほうがいいでしょう。
もしも金封を用意する場合、金封の表書きには「御引退御祝」、「御祝」、「御餞別」などといった文字と記入します。
定年退職の場合は「御定年御祝」も使われます。

プレゼント内容としてNGの品もいくつかあります。
じっくり考えて、お世話になった人を気持ちよく送り出しましょう。

退職祝いにお勧めの花なまえのうた

その他の記事

pagetop